ミッキー広場拡張 バケパ席も併設 TDSの新しいハーバーの姿がほぼお目見え!

拡張されたミッキー広場

今日はいつもより少し早くパークへ行ってきたまにあ(@_Disney_mania_)です。

“早く”といっても家を出たのは10時過ぎ。
相変わらずのスロースターターです(^_^;)

新しいミッキー広場の様子が明らかに!

ミッキー広場正面を囲っている壁やプロップス

昨年9月から始まったディズニーシー、メディテレーニアン・ハーバーの大規模改修工事も今月末で終了となります。
今日は2月27日。予定通りに進めば明日で完全に工事が終了します。

当ブログではこれまでに工事の様子を特集した記事をいつくか公開してきました。

工事の終了へ向け、対象エリアを囲っていた壁がほとんど撤去されました。
そして、新しいハーバーの姿があらわになりました。
そんなディズニーシーの様子を本日(27日)撮影した写真とともにご紹介します。

ミッキー広場 拡大へ

ミッキー広場付近はほぼすべて高い壁で囲われていましたが、現在は正面の壁を残し、他は撤去されました。
横から見ると新しい広場の様子が確認できます。

かなり拡大されたミッキー広場

以前の姿を知っている方なら、かなり大きく広場が拡大されたことがお分かりいただけることでしょう。
以前はハーバーであった部分がかなり埋め立てられ、広場自体がプロメテウス火山方面に前進しました。
広場とハーバーの境界はゴンドリエ・スナック付近に変わりました。

今回拡張されたミッキー広場の前方半分程度は可動式ステージとしてハーバーショーで利用されます。
広場前方の地面が昇降式の可動式ステージになっており、利用時のみ稼働させることができるようです。
音響タワーのように必要な時のみ出すことができるということです。
この可動式ステージは4月から始まるディズニー・イースターのハーバーショー「ファッショナブルイースター」で使用されることが既に明言されています。

春イベント詳細発表 ディズニーシーでは可動式ステージを使った新ショーが公演

2015.01.09

 

ミッキー広場両サイドには新しく花壇が設置

広場周辺に設置されていた音響タワーなどは今回の改修工事に伴い、位置が移動されました。
更に広場両サイドには新しく花壇が設置されました。

新たに設置された網のようなもの

広場とハーバーの境界には沢山のボートや漁業に使用するであろう網などのプロップスも設置されました。
ハーバーらしさがやっと戻ってきたようにも感じます。

ザンビ前にもステージ

壁は完全に撤去されたザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前

ミッキー広場同様、昨年から工事されていたザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前のエリア。
こちらはミッキー広場より一足早く全ての壁が撤去されました。

3つにわかれて昇降するであろうステージ

こちらもミッキー広場同様、昇降式のステージが新設されました。
地面にはステージとして昇降するであろう部分が確認できました。
工事中は可動式ステージを上げた状態で作業が行われていました。
この辺りはあまり広めの鑑賞エリアが確保できないため、このような可動式ステージを使用したらキャパオーバーしてしまいそうで不安も残ります。

立派なバケパ席も完成

カフェ・ポルトフィーノ前のバケパ鑑賞席と思しきエリア

カフェ・ポルトフィーノ前にはバケーションパッケージ専用のショー鑑賞席と思しき場所が完成しました。
横に幅を大きくとったエリアで2列座席が用意されています。
ここに座ってゆっくりと贅沢にハーバーショーを干渉できる席になりそうです。作りとなっています。
また、エリア周辺には3つの音響タワーも設置されており、音響もかなり良い場所になりそうです。

壁の完全撤去は明日か

ミッキー広場正面を囲う壁

工事自体はほぼすべて完了しており、ミッキー広場正面の壁の撤去はおそらく今夜行われ、明日朝には完全な姿をみることができるようになるでしょう。

約半年間にわたり実施された大規模改修工事も明日で終了。
新たなハーバーで素敵なショーが観れることを期待しています。









拡張されたミッキー広場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です