【祝】TDL新エリア グランドオープン
ディズニーリゾートまにあ

【初日レポート】TDR運営再開 感染防止対策を徹底した新しいパーク運営の幕開け

東京ディズニーリゾート 運営再開
東京ディズニーリゾートは本日より運営再開

東京ディズニーリゾートは本日(7月1日)より運営を再開しました。

123日ぶりの運営再開初日のパークをお届けします。

この記事のポイント!
  • 東京ディズニーリゾート遂に運営再開
  • 運営再開初日のパークの様子を紹介
  • これが新常識!?ウィズコロナ運営とは?

TDR 123日ぶりの運営再開

東京ディズニーリゾート ゲート
123日ぶりの運営再開となった東京ディズニーリゾート

新型コロナウイルスの感染拡大を受け2020年2月29日より臨時休園をしていた東京ディズニーリゾートですが、遂に7月1日より両パークの運営を再開しました。

パークにおける感染拡大を防ぐため、運営再開にあたって様々な対策が講じられています。

東京ディズニーリゾート

ディズニーリゾート7月1日より運営再開決定 当面の間は短縮営業&専用パスポート販売へ

ソアリン:ファンタスティック・フライト ソーシャルディスタンスマーカー
アトラクションのキューラインに設置されたソーシャルディスタンスマーカー

アトラクションをはじめとするキューラインには周囲のゲストと間隔を空けるためのソーシャルディスタンスマーカーが設置されているほか、レストランやショップのレジにはアクリル板も登場しています。

ソーシャルディスタンスマーカーについて

原則、1つのソーシャルディスタンスマーカーに横並びになれるのは2名まで。

3名のグループの場合は2名・1名で別れて並ぶ必要があるので要注意!

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ アクリルボード
レジ前にはアクリル板が設置され、飛沫を防止

レストランでは前の人へのメニュー提供を待ってからレジに案内されるため、注文までにやや時間がかかる印象です。

また、アクリルボードやキャッシュトレイを使用してるため通常よりも注文に要する時間も長めです。

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ 使用不可 座席
各レストランに設置された座席使用不可を示すボード

また、ダイニングエリアについては使える座席が半減しているものの、中はかなり空いており余裕があります。

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ 使用不可 座席
ダイニングエリアの約半数が使用不可の状態

今日の運営再開はコロナと上手く付き合っていくための“ウィズコロナ体制”の新しいパークの日常がスタートしたことを意味しています。

運営再開初日 東京ディズニーリゾートの様子

ここからは運営再開初日のパークの様子をお伝えします。

初日は生憎の空模様でしたが、パーク内は多くの喜びと感動に溢れていました。

午前8時、パークオープンのタイミングで株式会社オリエンタルランド会長、加賀見氏からサプライズアナウンスがありました。

このアナウンスを合図に123日ぶりにパークのゲートが開かれました。

運営再開 キャスト お出迎え
様々なエリアのキャストがエントランスでお出迎え

エントランスにはパーク内各所からたくさんのキャストがお出迎えに来ており、感動と喜びに包まれた最高の空間でした。

運営再開 キャスト お出迎え
キャストのみなさんからは「おかえりなさい」と声をかけていただきました

東京ディズニーランド

7月1日 東京ディズニーランド
東京ディズニーランド(7月1日)

臨時休園前はまだ工事中だったエントランスやシンデレラ城は作業が完了しています。

TDL エントランス
リニューアルが完了したエントランス

また、パークの至る所で修繕工事が行われた模様です。

床 修繕工事
いたる所の地面がキレイに!

久々に入ったパークは新しさを感じるポイントが満載でした。

東京ディズニーシー

7月1日 東京ディズニーシー
東京ディズニーシー(7月1日)

東京ディズニーシーでも目新しさを様々な場面で感じました。

アクアスフィアがあるプラザは地面が完全に新しくなりました。

また、プロメテウス火山についても修繕工事はまだ続いているものの、作業場所が変更されています。

プロメテウス火山 修繕工事
修繕工事が続くプロメテウス火山

ウィズコロナ体制へ

消毒液
パーク内随所に消毒液が設置されている

パーク全体として、感染対策はかなり徹底されていました。

イッツ・ア・スモールワールド
1列おきに案内するなどの運営方法が取られている

随所への消毒液や、ソーシャルディスタンスマーカーの設置はもちろんのこと、アトラクション運営においても、他のゲストと近づきすぎないように座席や案内方法を工夫するなどの対策が見受けられました。

7月1日 東京ディズニーシー SSコロンビア号
パーク内はゲストが少なく非常に快適

また、パーク内はゲストの数が非常に少なく快適でかなり空いている印象でした。

入園者数は大幅に制限 施設も一部休止

7月1日 東京ディズニーランド ビッグサンダーマウンテン
パーク内は快適すぎるほど快適

一部では、パークの入園者数を15,000人へ絞っていると報道されています。

オリエンタルランドはTDRの入園者を当面、1日1万5千人程度に限定する。

新型コロナ:ディズニー 入場者平時の2割 1日1万5千人の再開  :日本経済新聞より引用

通常時よりも大幅に入園者数を制限することでソーシャルディスタンスの確保を目指しています。

ワゴンなど小規模フード施設がクローズしているため、少しばかり不便さを感じました。

オープン・セサミ
一部の小規模ワゴンなどは運営を休止中

アトラクションについては、入園者数が少ないこともあり、待ち時間は通常より大幅に短い状態でした。

7月1日 東京ディズニーシー センター・オブ・ジ・アース
5分待ちの『センター・オブ・ジ・アース』(7月1日)

ソーシャルディスタンスの確保を目的に、通常よりもキャパシティを大幅に落として運営していますが、それ以上に入園者数が少ないということです。

キャストへの負担

キャスト
周りのゲストとの距離を保つようスピールしている

また、ソーシャルディスタンスを確保するために、多くのキャストがゲストコントロール要員として業務に就いていました。

ヴィラ・ドナルド・ホームショップ
ショップでは入口を出口を分け、それぞれにキャストを配置

つまり、通常時には発生しなかったような業務が必要となることで、多くのキャストが必要となっているようです。

ただでさえゲスト数を絞っている以上、これにより収益性が落ちることは言うまでもありません。

カストーディアルキャスト
これまでよりも高いレベルでの衛生意識が必要となるカストーディアルキャスト

中でもカストーディアルキャストは、パーク内の清掃に加え、定期的なベンチの消毒などこれまで以上に高い衛生意識が徹底されていました。

blank
まにあ
多数のキャストのおかげでパークが再開できていることを忘れてはいけませんね!

ミニグリーティング実施

東京ディズニーシー グリーティング
メディテレーニアンハーバーで公演されたグリーティング

両パークでは不定期でミニグリーティングが公演されます。

東京ディズニーランド グリーティング
シンデレラ城前で公演されたグリーティング

キャラクターグリーティングの休止や他のエンターテインメントプログラムが公演できないかわりに、キャラクターたちが挨拶をしにやってきます。

blank
まにあ
もちろんキャラクターとのふれあいは無く、ものの数分で終わってしまいますが、過去のショーの音源を使っているなど、懐かしさも感じるプログラムです。
ソーシャルディスタンスマーカー 鑑賞エリア
鑑賞エリアに等間隔で貼られたシール

基本的に立ち見で鑑賞エリアには間隔でシールやテープが貼られており、ゲストはこれに合わせて鑑賞します。

blank
まにあ
周りと距離が保たれた状態での鑑賞は、精神的にもかなりありがたいです

ゲストに求められること、そしてこれからのTDR

7月1日 東京ディズニーシー プロメテウス火山
東京ディズニーシー(7月1日)

コロナウイルスがここまで大きな問題となり、東京ディズニーリゾートにここまでの影響を与えるとは正直予想していませんでした。

久しぶりに訪れたパークは楽しみ方さえ違えど、やはり幸せな気持ちにさせてくれます。

7月1日 東京ディズニーランド
東京ディズニーランド(7月1日)

これはパーク内の徹底した感染拡大対策と、関係者・キャストの力に違いありません。

ただ、残念なことにいくら運営者側が対策を講じたところで、我々ゲストがそれらを守らなくては意味がありません。

ゲストへのお願い
もちろんゲストが守るべきルールもある

自分の身を守ることはもちろん、周りの人たち、そして東京ディズニーリゾートを守っていくためには、私たちゲストが感染拡大を防ぐための行動を徹底する必要があります。

東京ディズニーリゾート ゲート
夢がかなう場所 東京ディズニーリゾート

東京ディズニーリゾートがいつまでも“夢がかなう場所”であり続けられるように、私たちゲストも協力していきましょう。

blank