【総額3,500億】東京ディズニーリゾートが今後5年間で大拡張!?

東京ディズニーリゾート 拡張

14日に東京ディズニーシーの拡張計画が発表された。
パークの面積が約3割増となる過去最大の大規模拡張である。

今回の発表を含め、既に公表されている計画と合わせると、今後数年間で東京ディズニーリゾートは大きな変革機を迎えることとなる。

TDRの変革
2018年夏 TDS「ドックサイドダイナー」オープン
2019年度中 TDS「ソアリン」オープン
2020年春 TDL「新ファンタジーランド」オープン
2022年度中 TDS「新テーマポート」オープン

現在、どちらのパークでも拡張計画が進んでいる。

東京ディズニーランドの拡張

ディズニーランドでは、ファンタジーランドの拡張工事が進められている。

新ファンタジーランドと周辺施設の概要
エリア導入施設
  • 大型アトラクション(2施設)
  • グリーティング施設(1施設)
  • 屋内シアター(1施設)
  • 商品施設(1施設)
  • 飲食施設(2施設)
導入時期 2020年春
投資額 約750億円

《ディズニーランド拡張》 美女と野獣エリアを中心に新アトラクションもオープン登場へ

2016.04.27

グランドサーキット・レースウェイやスタージェットがあったトゥモローランドと駐車場の一部を再開発し、「美女と野獣」を舞台としたエリアが導入される。

このエリアには大型アトラクションや、飲食施設の導入も発表されている。

新ファンタジーランドに登場するアトラクションが「美女と野獣“魔法のものがたり”」に決定。
建設現場の様子も一部公開されました。

【建設現場&裏側】が公開!新アトラクション《美女と野獣“魔法のものがたり”》2020年春オープン決定

2018.12.06

また、その周辺には「ベイマックス」のアトラクションや、大型の劇場、グリーティング施設なども合わせて導入される予定だ。

2014年に正式発表されたディズニーランドの拡張だが、オープンは2020年春の予定となっている。

パレードが迂回!? TDL大規模開発の影響か

2018.03.02

東京ディズニーシーの拡張

東京ディズニーシーの拡張は先日正式発表された通り、パークの奥に新たなテーマポートが導入される。

《TDS拡張》新エリア&ディズニーホテルが登場 アナ雪・ラプンツェルがテーマに

2018.06.14

ディズニー映画を舞台にした3つのエリアでは、それぞれの物語を体験できるアトラクションや、飲食施設が導入されるほか、新たなディズニーホテルの建設も決定している。

新テーマポート 概要
施設 アトラクション(4施設)
飲食施設(3施設)
商品施設(1施設)
ホテル(1施設)
導入時期 2022年度中
投資額 約2,500億円

《TDS新エリア》 再開発で変わるパーク、そして薄れ行く“本来のディズニーシーらしさ”とは!?

2018.06.15

メディテレーニアンハーバーでは、2019年度中に新アトラクション「ソアリン(仮称)」がオープンする。

ソアリン(仮称)の概要
形式 シミュレーションタイプ
導入時期 2019年度中
投資額 約180億円(予定)
追記:2019年1月18日
「ソアリン:ファンタスティック・フライト」のオープン日が2019年7月23日に正式決定しました!
詳しくはコチラの記事で!

《ソアリン:ファンタスティック・フライト》7月23日オープン決定 新イメージやストーリーが公開!

2019.01.18

また、アメリカンウォーターフロントには新たな飲食施設「ドックサイドダイナー」が今年8月にオープンすることも決まっている。

「ドックサイドダイナー」セイリング跡地にオープン TDSブッフェ消滅

2018.05.22

約3,500億円規模の大開発がすすむ

今後約5年間で、約3,500億円を再開発や拡張へ投じる形となる。

すべての開発が一段落したころには、ディズニーリゾートは更にハード面・ソフト面ともに成長していることだろう。

今後もその変化と発展に注目したいと思う。

東京ディズニーシー 大規模開発プロジェクト