プラザが氷の世界へ!TDLをアナ雪の世界へ変貌させるデコレーション

プラザのフローズンファンタジーデコレーション
日中のプラザデコレーション

今日は少しだけパークへ行ってきたまにあ(@_Disney_mania_)です。

午後に用事があったので、ほんの数時間しかパークに居ませんでしたが、約1週間ぶりのパークの雰囲気を楽しんできました。

フローズンファンタジーが呼びこむゲスト

東京ディズニーランドの新イベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」がスタートして1ヶ月が過ぎようとしています。
イベントは大盛況で、閑散期に多くのゲストを呼ぶことに成功しています。

入場制限が実施された1月31日のディズニーランド“入場制限”がイベント開始以降、既に3回(1月31日、2月7日、2月11日)実施されています。
建国記念日である昨日(11日)も入場制限が実施されましたが、この日に入場制限が実施されるのは実に2007年ぶり。
今年の混雑具合は異例とも言える状況なのです。
イベントの影響で、過去のデータが参考にならないほどの混雑模様を呈しています。
今後パークへ行かれる予定を立てている方は十分な準備と柔軟な計画を!(^_^;)

美しさを増す ディズニーランドの夜

ディズニーランドで開催中のアナとエルサのフローズンファンタジーフローズンファンタジーでは、アナやエルサが登場するフローズンファンタジー・グリーティングや、スペシャルウィンターエディションとして公演されているワンス・アポン・ア・タイムが人気を博す一方で、イベントデコレーションにも多くの注目が集まっています。
それらのデコレーションは日中よりもライトアップされた夕暮れ以降に美しさが発揮されます。
ミッキー花壇や、ワールドバザール中央のデコレーションは格段に夜がオススメです。

[ad]

プラザのデコレーションも夜が綺麗

プラザのフローズンファンタジーデコレーションそして、シンデレラ城前のプラザ周辺にもイベントデコレーションが施されています。
ハロウィーンやクリスマスイベントの際はキャラクターのデコレーションが置かれることが多いプラザですが、フローズンファンタジーのデコレーションは少し変わっています。
今回は雪の結晶が幾つか設置されています。
手前に植えられた植物が雪をかぶっているような色をしており、テーマととてもマッチしています。
最初見た時は本当に雪が積もっているのかと二度見したほど。

ライトアップされるデコレーションこのデコレーションの本領発揮はもちろん夕暮れ以降。
各々の結晶にはライトが設置されており、芝生全体を照らし出します。
寒色で照らしだされた芝生は氷の世界のように輝いています。

ライトの色が変わるデコレーション更に、ライトは変色し、青・緑・紫などと変わっていきます。
遠くから見るとまるで氷の世界のようです。
派手さはないものの、フローズンファンタジーの雰囲気を楽しむのにはもってこいのデコレーションです。
ただ、人気フォトスポットには…ならないですね(^_^;)

木々も寒色でライトアップされる更に、プラザ周辺の木々にも同じような照明があたり、少し凍っているようにも見えます。

夜になると輝きを増すTDLプラザのデコレーションプラザのデコレーションへはあまりお金を使っていないようですが、費用対効果としてはなかなか高そうです。
ちなみに、ワンス・アポン・ア・タイムの公演開始前後はプラザ周辺が大変混雑するため、このデコレーションを楽しみたい方は夕暮れ後すぐに行かれることをおすすめします。
他のイベントのようなキャラクターの登場や派手さはないですが、このようなシンプルなデコレーションも新鮮でなかなかいいのではないでしょうか。









プラザのフローズンファンタジーデコレーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です