着々と進むディズニー・ハロウィーンの準備

ディズニーシーのハロウィーンデコレーション

今日もパークへ行ってきたまにあ(@_Disney_mania_)です。

明日でその8年の歴史に幕を閉じるレジェンド・オブ・ミシカ。
ハーバーは朝からそれを待つ人であふれていたようです。
僕が行った時はもうほぼ鑑賞エリアは残されていませんでした。
最終日である明日はどのような状態になるのでしょうか!?
ちなみに僕は明日もパークへ行こうと思っているので、最終回の様子をレポートしたいと思います(^^ゞ

両パークで進むハロウィーンの準備

ディズニーリゾートでは8日よりディズニー・ハロウィーンがスタートします。
1日からパークでは一足早く一足早くグッズや、フードの販売が開始されていますが、メインプログラムの公演は8日から。
そんな中パーク全体もハロウィーンに染まりつつあります。
パークの様々なところにハロウィーンデコレーションが徐々に登場しています。

ディズニーランド

ディズニーランドではエントランスに馬車が出現。ディズニーランドのハロウィーンデコレーションゴーストを乗せた馬車をひくのもゴーストの馬。
歯を出して笑っているその表情はとてもゴーストには思えませんね(笑)

また、プラザにはフォトロケーションも完成。
トゥモローランド側にドナルドとデイジー達を取り囲む楽しいフォトロケーションが出現しました。ディズニーランドのハロウィーンデコレーションどうやらゴーストたちのハロウィーンパーティーに招待されたようです。
ちなみにドナルドが食べているのは”虫入りゼリー”…おいしいのでしょうか(笑)?
ちなみに反対側のフォトロケーションはまだ作られていません。

ディズニーランドのハロウィーンデコレーションこの他にも様々な場所でハロウィーンデコレーションが施されています。
ワールドバザールはもちろん、トラッシュ缶(ゴミ箱)やパラソルにもハロウィーンカラーに染まっています。
ハロウィーンのデコレーションは一年で一番凝っていると言っても過言ではないので、パークでたくさんのデコレーションを探してみてください!!

ディズニーシー

ディズニーシーのハロウィーンデコレーションメインアートからもわかるように、ディズニーシーはディズニーランドと比較すると大人っぽくて少し不気味な雰囲気。
ディズニーシーのハロウィーンデコレーションエントランスにはタペストリーも既に取り付けられています。
同じオレンジ色でもディズニーランドよりもすこし暗めというか大人っぽいオレンジ色です。
かっこいい色です。
今回のディズニーシーのハロウィーンのメインエリアとなるアメリカンウォーターフロントにも数々のデコレーションが施されています。ディズニーシーのハロウィーンデコレーションニューヨーク・ハロウィーン・フォリーズの公演場所となるウォーターフロントパークに金色に輝くパンプキンのデコレーションも。
パッと見だとパンプキンよりも王冠のように見えます(笑)ディズニーシーのハロウィーンデコレーションちなみに、こちらの記事などで特集したウォーターフロントパークのステージにも大きな変化があり、ハロウィーンの装飾が付け加えられました。
ここで繰り広げられるショーがより一層楽しみです。ウォーターフロントパークのステージ

急ピッチで進む!?飾り付け

2日後から始まるディズニー・ハロウィーンに向け現在パークではゲストがいない夜間に急ピッチで作業が行われているようです。
その証拠に一晩でデコレーションが大きく変わりました。

ハロウィーンがますます楽しみになる両パークのデコレーションの特集でした!!

[adrotate group=”70″]








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です