フローズンファンタジー・グリーティングでアナ、エルサ、オラフがパーク初登場

フローズンファンンタジー・グリーティングより
フローズンファンタジー・グリーティング

久しぶりに1日2回更新しているまにあ(@_Disney_mania_)です。

今日はワンス・アポン・ア・タイムを当てることができなかったので、明日こそ当てに行きたいと思っています。

1日2回公演「フローズンファタジー・グリーティング」

アナとエルサのフローズンファンタジー本日東京ディズニーランドでスタートした新イベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」メインプログラムのひとつが1日2回公演される「フローズンファンンタジー・グリーティング」です。
パレードルートを舞台に公演されるプログラムで、種類的にはパレードに属すプログラムではありますが、その規模から考えると簡単なグリーティングと言うべきでしょう。

登場するのはアレンデールの王女「エルサ」そしてその妹「アナ」、更にエルサの魔法で作った雪だるま「オラフ」の3キャラクターと約25名のダンサーたち。
フロート(山車)は1台のみの登場でエルサたちが乗っています。

エルサたちがディズニーリゾートに登場するのは今回のフローズンファンンタジー・グリーティングが初めてです。

パレードは細かく停止

停止したフローズンファンンタジー・グリーティング今回のパレードは非常に規模の小さいもので全長40メートルほどです。
それに合わせ、停止の回数もかなり多く、細かく設定されています。
年始に公演されたニューイヤーズ・グリーティングとほぼ同じ停止位置になっており、プラザでは3回停止します。
停止すると、オラフの提案によってエルサたちはゲストと一緒になって楽しいひとときを過ごします。
エルサの魔法でゲストたちがヘンテコポーズをとったりし、雪がふってきたり、そして最後にはあの「Let it go」も!
ちなみに、パレードのセリフはすべて日本語です。
パレードは約40分をかけゆっくりとパレードルートを進みます。

パレードの開始までの時間を伝えるアナウンスではオラフやアナたちも声で登場。
更にアナウンス終了後には5分ほど映画内で使われたBGMがかかり、気分はまるでアレンデールの市民に!?

[ad]

初日の様子は…

ワールドバザール入り口のデコレーション初日である今日は報道陣が多くパークへ訪れており、かなり大きくプレスエリアが確保されていました。
とはいっても、パークは1年のうちでもかなり空いている閑散期と呼ばれる時期に突入しており、パレード自体は1時間〜30分程度待てば十分観ることができました。
初日でこのような状況なので、明日以降はもっと場所取りが楽になるかもしれません。

豪華声優陣が記念セレモニーで登場

アナと雪の女王デザインのバルーンも販売開始本日2回目のフローズンファンタジー・グリーティング開始直前には、アナと雪の女王の日本語吹き替えを務めた「松たか子」「神田沙也加」「ピエール瀧」、そして日本語版エンドソングを歌った「May.J」がリマウジンにのってパレードルートを1周するサプライズセレモニーが開催されました。
セレモニーについてはカメラではなく肉眼で楽しんできました(^_^;)









フローズンファンンタジー・グリーティングより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です