TDR年パス価格改定 除外日が設定へ 35周年新デザインも発表

新しい年間パスポートデザイン
新しい年間パスポートデザイン

東京ディズニーリゾート 年間パスポート 価格改定へ

東京ディズニーリゾートの年間パスポート

購入から1年間、東京ディズニーランド・シーへ何度でも入園することができる「年間パスポート」ですが、2018年3月1日販売分より価格が改定されることが発表されました。

株式会社オリエンタルランドは、2018 年 3 月 1 日(木)より、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの年間パスポートについて、多数のお客様の入園が予想される日にご利用いただけない日を設定するなど、ご利用条件を変更しますのでお知らせいたします。これに伴い、年間パスポートのチケット料金を変更いたします。

「東京ディズニーランド®」「東京ディズニーシー®」年間パスポート ご利用条件の変更等についてより引用

今回の改定により、すべての年間パスポートにおいて料金が値下げされます。

年間パスポート料金改定(括弧内は改定前)
券種 大人/中人 小人 シニア
2パーク共通
年間パスポート
89,000円
(93,000円)
56,000円
(60,000円)
75,000円
(79,000円)
TDL
年間パスポート
61,000円
(63,000円)
39,000円
(41,000円)
51,000円
(53,000円)
TDS
年間パスポート
61,000円
(63,000円)
39,000円
(41,000円)
51,000円
(53,000円)

それぞれ2,000~4,000円の値下げです。

なお、年間パスポートの料金改定は2016年4月以来となります。

TDR入場料金値上げ ワンデーは7400円、年パスも大幅値上げ

2016.02.09

利用条件が変更 使用不可日が設定

現行の年間パスポートは、購入から1年間(入場制限実施中の共通年間パスポート使用を除く)どの日でも使用することが可能でした。
今回の発表では料金が値下げされた一方、その利用条件が変更となり、「年間パスポートでは入園することができない日(使用不可日)」が設定されます。

使用不可日は現時点で2019年8月分まで発表されており、各月0~4日程度が設定されています。

年間パスポート使用不可日(2018年2月時点)
2018年
8月 12・13・14日
10月 6・7・8日
11月 23・24日
12月 8・9・29・30日
2019年
3月 28・29・30・31日
8月 12・13・14日

入場制限中も使用不可へ

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの年間パスポート(通称単パス)では、入場制限実施中でも入園することができましたが、今回の利用条件変更によりこれらの年間パスポートでも入場制限実施中は入園が不可となりました。
つまり、年間パスポートは全種において入場制限実施中は使用できなくなります。

年間パスポート引換券 利用期限が短縮

年間パスポート引換券

2018年3月1日以降販売分の年間パスポート引換券は利用期限が購入から2ヶ月となり、従来の6ヶ月から大幅に短縮されます。

年パス引換券を買ってきた 今ならこれでオトクに年パスが手に入る

2016.03.13

適用は3月1日販売分より

これらの料金・利用条件の変更は2018年3月1日販売分より適用となります。

それ以前に購入した年間パスポートには適用されません。
また、2018年2月28日までに購入した引換券で購入した年間パスポートもこれらの変更の適用外となります。

新デザイン発表

2018年3月1日から年間パスポートのデザインが変更されます。
4月よりスタートする東京ディズニーリゾート35周年イベントに合わせたデザインが用意されています。

年間パスポートの新デザイン発表 TDSの単パスは15周年デザインへ

2016.03.11

また、利用条件の変更の対象となるかどうかを見た目で判別できるよう、2018年2月28日までに年間パスポート引換券を購入し、3月1日以降に年間パスポートを作成する場合は背景の色が異なるデザインとなります。

新しい年間パスポートデザイン