ディズニー・ギフト・オブ・クリスマスがライブ配信 編集版も公開へ

クリスマス・ファンタジー2017

TDRのクリスマスがスタート

昨日(11月8日)より、東京ディズニーリゾートではクリスマスのスペシャルイベントがスタートしました。

クリスマス・ファンタジー2017
クリスマス・ファンタジー2017

厳密には、7日より報道陣向けのスニークが実施されており、実質のスタートは7日ということになりそうです。

初の試み 公式による生配信

クリスマス・ファンタジー2017

クリスマスイベント初日となった昨日、東京ディズニーリゾートとしては初の試みが実施されました。
それが東京ディズニーランドのクリスマスのエンターテインメントプログラムである「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」の生配信です。

ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス

ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス http://www.tokyodisneyresort.jp/fantasy/christmas2017/index.html

21:10スタートの公演を配信では、全編にわたって公開。
LINEやyoutubeなどの、ディズニーリゾート公式アカウント経由でライブ配信されました。

ライブ配信について
わたしたち一般の来園者がライブ配信を行うことは、ディズニーリゾート側が明確に禁止していますのでご注意ください。

アーカイブは非公開となるも、編集バージョンが公開

ライブ配信日の深夜までは、Youtubeの公式チャンネルでライブ配信をアーカイブとして公開されていましたが、現在は視聴することができなくなってしまいました。

11月15日にショーの映像を編集した約2分の動画がYoutubeに公開されました。

追記(2017年11月16日)
ディズニー・ギフト・オブ・クリスマスの編集動画が公開されたため、記事内容を一部修正しました。

さすが公式

以前も、ショーの一部をテレビ番組などによって生中継を行ったことがありましたが、出演者のリアクションや意味不明なカメラワークなどが批判の対象となったこともありました。
今回のライブ配信は公式が手配しているとだけあり、カメラワークも完璧でショーに全神経を集中することができる最高の配信だったと思います。

今回のリアクション次第でこのようなライブ配信企画は今後も増えていくことでしょう。

映像の配信・閲覧が手軽となり、ショーやパレードの映像を手軽に映像で見ることができる反面、「映像でみたから満足」から「映像だけじゃなく、実際に見たい」へ考え方が変化しつつある状況も今回のショー全編ライブ配信への契機となったことでしょう。

ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス

ワンス・アポン・ア・タイム

6日に終了した「ワンス・アポン・ア・タイム」

今回、ライブ配信された「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」は、6日に終了したワンス・アポン・ア・タイムの後継ショーとしてスタートしたもので、シンデレラ城に映像を投影するキャッスルプロジェクションという形式のプログラムです。
クリスマス当日の12月25日まで公演される予定です。

ワンス・アポン・ア・タイム最終日 3年半の物語が終了へ

2017.11.07

閉園時間が18:30と早い11月17日と12月1日以外は、1日2回公演が予定されており、どの公演も抽選は予定されておりません。









クリスマス・ファンタジー2017