【AR技術】アプリを通して見るとキャラクターが登場!?TDL工事エリアの壁が更に“映える”アップデート実施!

工事エリア 仮囲い 壁 AR
アプリを通して見るとキャラクターが登場!

東京ディズニーランドでは来年春の新エリアオープンに向け、日々工事が進んでいます。

工事エリアを囲う壁には、これまで多くの工夫が施されてきましたが、先日から更にアップートされました。

工事エリアを囲う壁

新ファンタジーランド 工事

2020年春のオープンに向け建設工事が進む

東京ディズニーランドでは、トゥモローランドからトゥーンタウンにかけて、非常に広いエリアが壁で囲われ、工事が実施されています。

この工事は、来年春の新エリアオープンに向けたものです。

新ファンタジーランド

TDL新エリアの《オープン日》をズバリ予想! 年間パスポート使用不可日から浮かび上がる“Xデー”

2019年4月2日
新ファンタジーランド

出典:東京ディズニーランドⓇ/東京ディズニーシーⓇ今後の開発計画について

オープンする新エリアには美女と野獣の城や屋内型シアターをはじめとした様々な施設が導入され、トゥモローランド・トゥーンタウン・ファンタジーランドにそれぞれ分配されます。

仮囲いにはボードが設置

トゥーンタウン 壁

これまでの壁とボード

工事エリアの仮囲いには、これまでもディズニーらしい工夫が施されてきました。

工事開始直後から、等間隔で「Magic is Happening」の文字が描かれたボード設置されており、“映える壁”としてSNSでは人気となりました。

35周年グランドフィナーレ 壁 ミッキー

35周年グランドフィナーレ期間中はミッキーたちがボードに登場

また、今年1月から3月にかけて開催された35周年グランドフィナーレの期間中にはアニバーサリーコスチュームを着たディズニーキャラクターが描かれたボードが登場し、話題となりました。

35周年グランドフィナーレ 壁

グランドフィナーレ限定ポスターが“壁”に登場 《新エリア》の完成イメージも 夢は続く…

2019年1月27日

新エリアの7つの扉が登場

壁 扉

工事エリアを囲う壁に“扉”が登場

その後、仮囲いには“扉”が登場しました。

東京ディズニーランド 新エリア 扉

壁に設置された7枚の“扉”

扉は全部で7種類、壁の向こう側にオープンするアトラクションやレストラン等の扉であることがわかりました。

東京ディズニーランド 新エリア 扉

新エリア工事の《壁》に扉が出現!2020年春のオープンに向け、新アトラクションや新シアターなどの入り口が登場

2019年4月9日
まにあ
新しいエリアの扉、なんだかワクワクしますね!

アプリでキャラクターが登場

美女と野獣“魔法のものがたり”

「美女と野獣“魔法のものがたり”」の扉

全部で7種類の扉が登場していますが、そのうち3枚にさらなる変化がありました。

対象となる扉は「美女と野獣“魔法のものがたり”」「ベイマックスのハッピー・ライド」「ミニーのスタイルスタジオ」の3つ。

ミニーのスタイルスタジオ

「ミニーのスタイルスタジオ」の扉

ベイマックスのハッピーライド

「ベイマックスのハッピーライド」の扉

「東京ディズニーリゾート・アプリ」に追加されたカメラ機能を使い、これらの扉を写すことで、特殊なエフェクトと共にキャラクターが登場します!

東京ディズニーリゾート公式アプリ

《ディズニー公式アプリ》が進化 ファストパス発券もアプリ上でスタート!夜景のデジタルガイドマップも導入へ

2019年5月13日
工事エリア 仮囲い 壁 AR

エフェクトと共に登場する“ベル”

実際には描かれていないキャラクターが画面上に表示されるほか、横に並んで写真を撮ることもできます。

工事エリア 仮囲い 壁 AR

ミニーのスタイルスタジオの壁とミニー

工事エリア 仮囲い 壁 AR

角度を変えてもミニーが表示されていることが分かる

扉から少し離れたり、角度をか変えてもキャラクターは表示されたままです。

工事エリア 仮囲い 壁 AR

ベイマックスのハッピー・ライドと登場したベイマックス

まにあ
トラッキングの精度はなかなか高い模様です。

工事エリアは今後も変化 壁が無くなる可能性も

TDL 新エリア

工事エリアを囲う壁の一部が植栽に変更

これまで、工事エリアの仮囲いは全て“壁”でしたが、既に一部は植栽に変更されています。

東京ディズニーランド 新エリア 工事状況

TDL工事中の《新エリア》が一部公開!? 建造物の外観をパーク内から確認可能!モーリスのコテージはほぼ完成か

2019年2月5日

今後は、現在壁の部分も徐々に植栽に変わることが推測されますので、壁を使ったAR体験も早めに楽しんでおいたほうが良さそうです。

工事エリア 仮囲い 壁 AR