ハコビジョンでワンスが自宅で楽しめる!TDLで販売スタート 実物を徹底特集

ワンス・アポン・ア・タイムのハコビジョン
今日は久しぶりに朝早くからパークへ行ってきたまにあ(@_Disney_mania_)です。

いつもはお昼ごろに着くように家を出る典型的なスロースターターですが、今日は入場制限が実施されることが予想されていたので、早起きしました。
そして、案の定ディズニーランドでは午前10時より入場制限が実施されました。

ワンス・アポン・ア・タイム仕様のハコビジョンが販売開始

陳列されているハコビジョン

本日(21日)より、東京ディズニーランドにて新しいグッズが登場しました。
それが”ハコビジョン”です。

ハコビジョンとは?

東京駅や東京国立博物館で行われたプロジェクションマッピングを手のひらの箱の中で楽しめるようにしたのがハコビジョンです。
2014年1月に第1弾が登場し、その後第4弾までライナップが増えています。
第1弾販売開始直後に私も購入しました。

おもちゃメーカー「バンダイ」が販売しており、ディズニーとは無関係のグッズでしたが、今回「ワンス・アポン・ア・タイム」バージョンのハコビジョンが登場しました。
バンダイの名称は記載されていませんが、事実上のコラボ商品といったところでしょう。

ワンス・アポン・ア・タイムハコビジョンを早速開封&準備

ハコビジョンの内容物

ワンス・アポン・ア・タイム仕様のハコビジョンの内容物はクリアプレート、フィギュア、ハコの3点。
東京駅や東京国立博物館のハコビジョンは外箱がそのまま必要になるのですが、今回は外箱をそのまま使うのではなく、専用のハコが付属しています。
つまり、外箱は収納に使うことも可能です。

ハコビジョンを楽しむための準備

箱の内側にシンデレラ城のフィギュアを取り付けハコビジョンを楽しむための準備は非常に簡単です。
シンデレラ城のフィギュアを箱の内側にとりつけ、保護用フィルムを剥がしたクリアプレートを斜めに立てかけます。

これでハコビジョンを楽しむための準備はほぼ完了です。

準備がほぼ完了したハコビジョン

続いて、映像の準備です。
箱ビジョンはスマートフォンを用いて映像を流す必要があります。
外箱側面にあるQRコードを読み取ると専用のページにアクセスすることができます。

QRコードを読み取って映像の準備

そして、映像をスタートさせスマートフォンを箱の上に置きます。
映しだされる映像をフィギュアと重なるように調整をすれば、小さなワンス・アポン・ア・タイムのスタートです。

スマートフォンを箱の上に置いて公演スタート

察しの良い方はもうお分かりかと思いますが、フィギュアの前に斜めに立てかけたクリアプレートがハーフミラーのような役割を果たすことで、奥のシンデレラ城のフィギュアとスマートフォンの映像が重なり合い、フィギュアに映像が投影されているように見ることができるのです。

収録内容は約10分

ハコビジョンで見るワンス・アポン・ア・タイム

映像は約10分用意されています。
ワンス・アポン・ア・タイムの公演は約20分なので、半分ほどに編集されています。
チップやポット夫人が物語の内容を紹介するシーンがカットされてます。またピーターパン、プーさんのシーンに至っては丸々カットされています。
その他にも一部短縮されている部分が多くあります。

映像はとても綺麗です。
もちろん、公演を直接撮影した映像ではなく、完全にオリジナルの映像です。
また、現在公演されているワンス・アポン・ア・タイムはスペシャルエディションで、アナ雪のシーンが大幅に追加されたバージョンですが、ハコビジョンに収録されているのは通常バージョンのワンス・アポン・ア・タイムです。

アナ雪ワンス延長へ "スペシャルエディション"として7月7日まで公演

2015.02.23

更に、サーチライトやパイロも再現されています。
ただ、パイロに関しては動きかたやエフェクトにちょっと安っぽい印象を受けました(^_^;)

画面サイズが重要!?

公式ページにはこのハコビジョンに対応している機種一覧が掲載されていますが、画面サイズの問題でフィギュアと映像のサイズが合わないことがあるようです。
私も最初はiPhone6でやってみたのですが、映像がやや大きめに写ってしまい、フィギュアからはみ出てしまいました。
その後、iPhone4Sで試したところ、ピッタリでした。

ハコビジョンはTDLやボンボヤージュで販売中

ショップに設置されているデモ機今日から販売はスタートしたワンス・アポン・ア・タイム仕様のハコビジョンは、 東京ディズニーランドのワールドバザールにある「グランドエンポーリアム」、ファンタジーランドの「キングダム・トレジャー」や、「ボン・ヴォヤージュ」にて販売されています。グランドエンポーリアムなどではデモ機も設置されています。



パイロの表現がやや甘いようにも感じる

気になるお値段ですが、やや高めの1,200円(税込)です。
通常のハコビジョンが500円(税別)であることを考慮するとかなり強気の価格設定ですが、飛ぶように売れていました。
ボン・ヴォヤージュでは一時的に品切れになるほどの人気でした。(午後には在庫は復活しました。)

ただ、全体的な在庫はまだまだある様子でした。
また期間限定のグッズではないため、急いで買いに行く必要はなさそうです。

ハコビジョンを買って、家で優雅に混雑知らずのワンス・アポン・ア・タイムを楽しんでみてはいかがでしょうか!?









ワンス・アポン・ア・タイムのハコビジョン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です