【TDRお土産袋改革】小袋有料化&サイズバリエーション削減、 デザインも大きく変更!

小分け袋
小分け袋

東京ディズニーリゾートのお土産袋が変化!

デザインやサイズなど、変更点について詳しく紹介します。

東京ディズニーリゾートの“お土産袋”に変化

お土産袋

これまでのお土産袋

2019年3月26日、東京ディズニーリゾート35周年イベントが終了した翌日から、両パークの「お土産袋」大きな変更が実施されました。

お土産袋

サイズ変更&デザイン統一 TDRの《お土産袋》大改革 今後は完全有料化も視野か

2019年3月16日

サイズ種類が減少 3サイズへ

お土産袋

これまでのお土産袋のサイズは5種類

これまで、東京ディズニーリゾートでお買い物をした際、グッズを入れてくれるお土産袋には、アイテムの大きさや数に合わせて5つのサイズが用意されていました。

取っ手が付いているものが4サイズと、最も小さく小分け用に便利な取っ手の無いサイズが1つ、合計5種類です。

お土産袋 リニューアル

サイズバリエーションは3種類に縮小

しかし、今回の変更に伴いこれまで5種類あったサイズは3種類へとバリエーションが縮小されました。

廃止されたのは最も小さなサイズと、A4サイズのものです。

お土産袋

廃止された一番小さなサイズのお土産袋

それぞれちょうど良いサイズ感で使い勝手が良かっただけに残念です。

イベントデザイン廃止

お土産袋

これまでのお土産袋はイベント毎に様々なデザインが用意されていた

変更点はサイズだけではありません。

お土産袋のデザインも大きく変更されました。

お土産袋 リニューアル

今後は通年デザインに統一

これまでは、季節のイベント等に合わせて期間限定デザインが採用されてきましたが、今後は通年デザインに統一され、イベント等に伴う期間限定デザインのお土産袋の登場は無くなります。

異なるデザインのお土産袋を季節ごとに集めていたので、統一されてしまうのは残念の一言です…。

通年デザインにも変化

お土産袋 リニューアル

よく見るとデザインが違うことが分かる(左が新しいもの)

通年デザインに統一されたお土産袋、パッと見はこれまで使われてきたレギュラーデザインと瓜二つですが、実は若干変更されています。

片面ずつランド・シーがデザインされていますが、各面に登場していたクローズしたアトラクションが削除されました。

お土産袋 リニューアル

スタージェットが削除されていることが分かる

ディズニーランド側からは、2017年10月10日にクローズした「スタージェット」、ディズニーシー側からは、2016年5月16日にクローズした「ストームライダー」がお土産袋から姿を消しました。

ストームライダー

ありがとう、ストームライダー 運営最終日の様子をお届け

2016年5月17日
お土産袋 リニューアル

ストームライダーが削除されていることが分かる

通年デザインの切り替えは順次行われており、サイズや店舗によっては以前のお土産袋が使用されている場合もあります。

小袋は有料化

お土産袋

最も小さなサイズは廃止

最も小さいタイプのお土産はサイズ変更に伴い廃止されました。

小物をお土産として配るのに重宝していたサイズだったため、廃止の衝撃は大きいです。

お土産袋 リニューアル 小分け袋

左が販売を開始した小袋

そこで、東京ディズニーリゾートでは廃止されたサイズとほぼ同じサイズの小袋の有料販売がスタートしました。

小分け袋

口はテープで閉じることも可能

小袋用に新しいデザインが採用されたほか、口にはテープが付いており、閉じる事もできます。

小分け袋

多少のマチも備わっています

また、若干のマチも備わっています。

小分け袋(5枚入り)
価格 300円
販売場所 東京ディズニーリゾートの各商品施設
まにあ
沢山の人にお土産を配る場合は、痛い出費になりそうです…。

経費削減の波は続く…

お土産袋

経費削減の波はお土産袋にも

お土産袋の変更の目的はおそらく経費削減。

ここ最近の東京ディズニーリゾートでは積極的に経費削減がすすめられています。

ホライズンベイ・レストラン

《キャラクターダイニング&ブレックファスト》2019年7月で終了へ その裏にある理由とは?

2019年3月29日

新エリアや新アトラクションのオープンに向けた投資が加速する中、パークの様々な面にメスが入れられています。

小分け袋