ワンス・アポン・ア・タイム仕様 シンデレラ城のナノブロックを作ってみた

シンデレラ城のナノブロック

今日はパークへ行こうと思ったのですが、ジャングルクルーズのスニークが実施されていないということでやめたまにあ(@_Disney_mania_)です。

完全に個人的な予想ですが、ジャングルクルーズのスニークは明日(5日)明後日(6日)と実施されると思います。
前日はスポンサー関係の招待者のみのプレビューが予定されているため一般向けのスニークはなさそうです。
繰り返しますが、勝手な個人の予想ですので悪しからず。

ナノブロックをはじめて買ってみた

雑貨屋などでも最近良く見かけるようになった「ナノブロック」、4ミリ四方の超極小ブロックで様々なものを作りあげることができます。
そして、パークでもナノブロックのグッズが販売されています。
イベント毎のキャラクターを作れるナノブロックや、人気アトラクションを作れるナノブロックなど、その種類は増え続けています。
そして今回、はじめてパークで売られているナノブロックを購入してきました。

それがこちら。ワンス・アポン・ア・タイム仕様のシンデレラ城を作れるセットです。
一時期品切れしていたようですが、最近再入荷されたようで、パーク内はもちろんボンボヤージュでも取り扱っていました。

早速作ってみる!!

ナノブロック完全初心者のまにあがシンデレラ城を作ってみることにしました。
内容物はこんな感じ。内容物種類ごとに個包装されたブロックと台座、難しそうな説明書が入っています。
説明書には全17工程に分かれた作り方が記載されています。説明書ブロックは4ミリ四方ということで、かなり細かな作業になります。
1段目1段目を作るのに約10分を要しました(^_^;)
その後も説明書をしっかりよみつつ、だんだん高さをつけていきます。
このシンデレラ城を構成しているのはホワイト、クリア、クリアブルー、クリアイエローの4色。
なぜクリアパーツが多いのか…その理由は後ほど。

制作途中製作開始から約45分、やっと城っぽくなってきました(笑)
そして、その更に45分度、開始から1時間半が経ち、やっと完成を迎えることが出来ました。ナノブロック シンデレラ城どうにか間違えずに完成させることが出来ました。
両側面・背面小さいながらシンデレラ城をかなり再現できています!
両側面と背面もしっかり作りこまれています。
でもやはり、正面から見た姿が一番シンデレラ城らしさがあります。
ちなみに、完成のサイズはどのくらいかというと、高さはパークの缶バッチくらいです(^_^;)
高さ比較さすがナノブロック、小さいです(笑)

ワンスが再現できる?

なぜこのシンデレラ城にクリアパーツが多いのかというと、ワンス・アポン・ア・タイムを再現することができるのです。
そう、光らせることができます!
付属の台座が光るようになっており、その上に作ったシンデレラ城をおいてスイッチをオンにすれば…
ナノブロックのシンデレラ城このように光るのです。
一色だけでなく、七色に光ります。
ナノワンス・アポン・ア・タイムを楽しむことができるのです(笑)

気になるお値段ですが、3,800円(税込)です。(お値段はナノじゃないのね・・・)
気になる方は是非パークへ。

[adrotate banner=”58″]








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です