マーメイドラグーンシアター正式リニューアル日決定!!ショー内容はどう変わる

リニューアル後のマーメイドラグーンシアターのイメージ図
マーメイドラグーンシアター

iPhone6にはバンカーリングを付けて使用しているまにあ(@_Disney_mania_)です。

サイズが大きくなり、通学中電車で使うことが多い僕にとってはバンカーリングは手放せない存在です。

マーメイドラグーンシアターリニューアル日決定

2014年4月6日より運営を休止し、リニューアルに向け準備を進めていたマーメイドラグーンシアターの正式リニューアルオープン日が決定しました。
そのリニューアルオープン日は2015年4月24日(金)です。
ディズニーシーのオープンから運営されていたシアタータイプアトラクションであるマーメイドラグーンシアター。
中央のステージを囲むように360°座席が設置され、上を見上げながら楽しむショーであり、壮大な舞台装置を利用することでゲストはまるで海の中に居るかのように感じることができます。
更に、ショー中盤では巨大アースラが登場し、その迫力は圧巻です。
しかしながら、既にこのショーは終了しています。
2015年4月24日からは全く新たなショーとなり、生まれ変わります。
ではここで、本日(25日)株式会社オリエンタルランドから発表されたマーメイドラグーンシアターについてのリリースをご覧ください。

株式会社オリエンタルランドでは、東京ディズニーシーの「マーメイドラグーンシアター」を全面リニューアルし、ディズニー映画「リトル・マーメイド」の世界を舞台にした新しいミュージカルショー「キング・トリトンのコンサート」を、2015年4月24日(金)にスタートすることを決定しましたのでお知らせいたします。
この新しいミュージカルショーでは、トリトン王がアリエル、フランダー、セバスチャンなどのお馴染みのキャラクターたちと開催する音楽コンサートをテーマに、歌や音楽、ダイナミックなパフォーマンスで映画さながらの美しい海底の世界を表現します。また、ステージや照明などこれまでの舞台装置が一新されるほか、客席の周囲には映像を映し出すスクリーンも新たに登場します。
アリエルは、美しい音楽とともに会場の空間を 360 度自由に泳ぎ回り、ゲストの皆さまの近くまでやって来て、躍動感あふれる新感覚のミュージカルショーを展開します。
海底の世界「マーメイドラグーンシアター」で繰り広げられる美しい歌や音楽、ダイナミックなパフォーマンスあふれる新しいエンターテイメントに、どうぞご期待ください。
公演時間:約14分
公演場所:マーメイドラグーンシアター
総投資額:約40億円(予定)

注目すべきポイント

何点かこのリリースに注目すべきポイントがあります。
まずは、”舞台装置が一新”されるという部分。
現在は天井からアリエルなどの出演者をワイヤーで吊るすことで、海の中を泳いでいるような世界を作り上げています。
出演者が柔軟に動き回れるようにワイヤーを巻き取る装置はかなり大規模なもの。
ショー中のその動き方はかなり複雑でもあります。
“一新”という文からは、この装置もリニューアルするようにも取れますが…。

“客席の周囲には映像を映し出すスクリーンが登場”するということで、客席の配置なども一部変わることも考えられます。
スクリーンということは、プロジェクションマッピングを利用した演出があるのでしょうか。

マーメイドラグーンシアター(イメージ)ショーのコンセプトはコンサート。リニューアル前には登場しなかったトリトン王の姿をイメージ画像に見ることができます。
リリースにはアースラの登場については書かれていませんが…いかにもコンサートをぶち壊しに来そうな…(-_-;)

そして最後に投資額。
今回のマーメイドラグーンシアターのリニューアルに向けての投資は約40億円。
今月リニューアルオープンしたジャングルクルーズの16億円や、来夏オープン予定のスティッチ・エンカウンターの20億円などと比べるとダントツに高い投資額となっています。

スニークはあるのか・・・?

おそらく、マーメイドラグーンシアターのリニューアルの際も正式オープン1周間前程度からスニーク(運営テスト)が実施されると予想されます。
ただ、シアタータイプアトラクションということで、先日オープンしたジャングルクルーズのようにライド自体の運営テストをする必要性がないため、スニークはゲストの流れや緊急時の導線の確認のためのものとなると思います。
そのため、スニーク自体の日数や時間が少ないかもしれません。
一足でも早く生まれ変わったマーメイドラグーンシアターを体験したいという方は2015年4月20日くらいからオープンまで毎日マーメイドラグーンに通えばいいのかな(笑)









リニューアル後のマーメイドラグーンシアターのイメージ図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です