金属のように見えるが実は…? 鉄柵から読み取るパークの安全への工夫

ホーンテッド・マンションの鉄柵
TDLホーンテッド・マンション

最近、家のWi-Fiの調子がよくないまにあ(@_Disney_mania_)です。

パークにも無料のWi-Fiが飛ぶようになってほしいですが・・・。
実現するとしたら東京五輪の2020年あたりでしょうかね(^_^;)

現在リハブ中のTDLホーンテッド・マンション

東京ディズニーランドのお化け屋敷「ホーンテッド・マンション」、現在リハブ中で3月30日から運営再開の予定となっています。
Qライン(待ち列)に誰もいないちょっと不気味なホーンテッド・マンションを観ることができる貴重な期間でもあります。

ハロウィーンから年始にかけては「ホーンテッド・マンション”ホリデー・ナイトメアー”」として期間限定でアトラクションの内容が変更されることでも有名です。
ファストパスに対応しており、人気アトラクションのひとつに数えられ、混雑日には90分以上の待ち時間を記録することもあります。

安全を考えられた曲がる金属

ホーンテッド・マンションFP発券所前の鉄柵999人の亡霊が住むホーンテッド・マンション、その古びた外観はまさにお化け屋敷そのもの。
不気味な雰囲気が館を包みこんでいます。

そんなホーンテッド・マンションの敷地周りを囲っている鉄柵の一部には、先の尖った部分があります。
アトラクションの雰囲気にぴったりな鉄柵ですが、実はこの先の尖っている部分は金属ではありません。

曲がる鉄柵万が一、ゲストの転倒などにより、この尖った部分にぶつかってしまった場合の危険性を考慮し、予め柔らかい素材で作られているのです。
好奇心からいろんなところを触りたがる子供にとっても安全な作りです。
実際にこの部分に触ってみるとわかりますが、簡単に曲がる素材になっています。

[ad]

雰囲気と安全を両立

曲がる鉄柵このようにして、雰囲気作りと安全性が両立しているのです。
このような鉄柵はホーンテッド・マンション以外にもパーク内に幾つか存在していますので、「曲がる鉄柵探し」をするのもマニアな楽しみ方かも知れません(^_^;)

ちなみに、ホーンテッド・マンションを有するTDLファンタジーランドは今後大幅なリニューアルが予定されています。
リニューアル後は曲がる鉄柵は増えるかな・・・(笑)?









ホーンテッド・マンションの鉄柵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です