15周年スタートまでもうすぐ アクアスフィア前のデコレーションも設置へ

囲われているアクアスフィア

こんにちは、まにあ(@_Disney_mania_)です。

昨日から新年度がスタートしました。
パークでも様々な変化があったようですが、それは後々まだ特集します(^_^;)

アクアスフィアも15周年へ向け準備中

東京ディズニーシーでは今月15日より、開園15周年イベントがスタートします。
パークではアニバーサリーへ向けた様々な準備が既に進められています。

リハブは3月下旬に終了

ディズニーシー・アクアスフィア

ディズニーシーの玄関口にある大きな地球儀「ディズニーシー・アクアスフィア」もその1つ。

リハブ中のアクアスフィア

アクアスフィアでは華やかな15周年を迎えるべく、1ヶ月以上に渡り、リハブ(工事)が実施されました。
このリハブは3月下旬には終了し、綺麗に色が塗り直されたほか、ライトアップ用の照明も一部取り替えられました。

アクアスフィアの工事は一旦終了 リハブで変わった2つのこと

2016.03.22
アクアスフィアの15周年デコレーション(c)Disney

ウィング・オブ・ウィッシュ号 http://www.tokyodisneyresort.jp/special/tds15th/enjoy.html

更に、15周年イベント期間中、アクアスフィアの前には“ウィッシュ・クリスタル”を原動力とする船“ウィング・オブ・ウィッシュ号”が登場します。
“ウィング・オブ・ウィッシュ号”にはミッキーたちのデコレーションも施され、15周年イベントのメイングッズのひとつである“クリスタルコンパス”とも連動する予定です。

ウィング・オブ・ウィッシュ号の設置へ

現在のアクアスフィア

アクアスフィア本体部分のリハブは先月下旬に終了し、1週間半ほど完全なアクアスフィアの姿を観ることができました。
しかし、現在はアクアスフィア前の一部エリアが植栽で囲われています。

植栽で囲われたディズニーシー・アクアスフィア

これは前述したようにこの部分に“ウィング・オブ・ウィッシュ号”が設置されるためです。
写真に収めることはできませんでしたが、植栽の中には既にデコレーションの土台部分が設置されており、準備が着々と進んでいました。

リハブエリアの裏側から見たアクアスフィア

今回のリハブエリアはアクアスフィア前の一部のため、裏側はいつもどおりアクアスフィアを楽しむことができます。

内側にもしっかりと幕がはられています

アクアスフィアとの記念撮影をされる際は、リハブエリアの裏側であるリゾートライン東京ディズニーシー・ステーション側からの撮影をおすすめします。

どうなる!?15周年デコレーション

工事の跡が見られるアクアスフィア前

今回植栽で囲われているエリアは、以前の記事で紹介した地面に工事の跡が見られる部分です。
デコレーションのイメージ画像を見る限り、この部分までアクアスフィアを囲む噴水部分が拡張される可能性もありそうです。

TDS15周年 エントランス周辺のアニバーサリーデコレーションまとめ

2016.04.13

アクアスフィアの他にも多数のイベントデコレーションが登場する予定です。
イベントスタートまではと約半月、パークがアニバーサリーに徐々に染まっていく姿が楽しみです。









囲われているアクアスフィア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です