アクアスフィアが大規模工事中 15周年デコレーションの準備が進む

リハブ中のアクアスフィア

今日は起きたらお昼だったまにあ(@_Disney_mania_)です。

明日か明後日はパークへ行こうかと思っています。
早いもので、明後日からは3月に突入です(-_-;)
春休みシーズンも本格化し、パークはより一層混雑しそうです。

TDSで進む15周年の準備

東京ディズニーシー15周年”ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」は約1ヶ月半後の4月15日からスタートします。
公式ページも既にオープンし、昨日は主要新聞に見開き広告が掲載されました。

イベントスタートが着々と近づいてきていますが、ディズニーシーパーク内では既に15周年の準備と思しき作業がいたるところで実施されています。
15周年イベントスタート日にオープンする「ハドソンリバー・ハーベスト」の工事はもちろんのこと、さまざまな場所が壁や植栽で囲われています。

ますますイベントのスタートが楽しみになってきています!!

TDS15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ" ショー&エンターテインメントまとめ

2016.02.25

TDSのシンボル”アクアスフィア”リハブ中

リハブ中のアクアスフィア

東京ディズニーシープラザにある大きな地球儀「アクアスフィア」も現在リハブが行われています。 

通常時のアクアスフィア地球儀の周りの噴水部分まで植栽で囲われおり、ベンチも一時的に撤去されています。
肝心の地球儀部分は高い幕が設置され中の様子を見ることはできません。
地図が描かれた幕で囲われていますが、これは東京ディズニーシーホテルミラコスタ内に飾られている地図と同デザインのものです。

強風の日には中の様子が見えた!?

パークに強い風が吹いていると、アクアスフィアを囲っている幕がもろに風を受けてしまい転倒などの危険性があります。
そのため、強風が予想される日はこの幕の一部が外され、風の通り道が作られます。

強風で幕が一部が外されたアクアスフィア

そんな日にはこのようにリハブ中のアクアスフィアを少しだけ確認することができます。

アクアスフィアの海の色が綺麗な青色に塗り直されていることが外された幕の部分から見ることができます。
幕がすべて撤去され、綺麗になったアクアスフィアが楽しみです!

アクアスフィアの15周年デコレーション

 今回のアクアスフィアのリハブは15周年デコレーションへの切り替えのためとみてほぼ間違いないと思われます。

アクアスフィアの15周年デコレーション(c)Disney

ウィング・オブ・ウィッシュ号 http://www.tokyodisneyresort.jp/special/tds15th/enjoy.html

公式ページでは既にアクアスフィアの15周年デコレーションのイメージが公開されています。

アクアスフィアの前には「ウィッシュ・クリスタル」を原動力とする船「ウィング・オブ・ウィッシュ号」と、それに乗るディズニー・キャラクターがデコレーションとして登場します。
イメージを見る限り、ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、チップ、デールが船に乗っているようです。

ウィング・オブ・ウィッシュ号の下部分が水なのであれば、アクアスフィアの噴水部分が拡大されることになり、かなり大規模な工事になりそうです。

アクアスフィアは高さ10メートル、イメージ画像を観る限り、ウィング・オブ・ウィッシュ号もアクアスフィアとほぼ同じ高さ10メートルほどあるかなり大きなデコレーションになりそうです。

10周年デコレーション

約5年前、東京ディズニーシー10周年の際もアクアスフィア前にデコレーションが設置されました。

アクアスフィアの10周年デコレーション(約5年前)

高さ約8メートルの大きなマジカルハットが出現しました。

また、アクアスフィアを取り囲むように、さまざまなキャラクターのデコレーションも作られ、プラザは10周年の雰囲気に溢れるエリアとなっていました。

アクアスフィアを取り囲むように作られた10周年デコレーション

10周年イベント開催中はかなりの人気がある撮影スポットとなりました。
15周年期間中もアクアスフィアのデコレーションは人気が出そうです!

アクアスフィアと周辺の工事

東京ディズニーシー「アクアスフィア」

アクアスフィアでは現在リハブが行われていますが、工事の過程をここで少し振り返ってみましょう。

まずは1月22日の様子です。

そして2月2日の様子、工事エリアが少し拡張されました。

最後に2月14日の様子。
この日は強風で幕が一部撤去されていました。

植栽で囲われている工事エリアがやや縮小

現在行われているアクアスフィアのリハブですが、一度植栽で囲まれている部分が大きくなり、その後少し縮小されました。
その後、地面に工事の跡が見えるようになりました。

アクアスフィア前の工事の跡

アクアスフィア前には数カ所地面を埋め直したような跡があり、蓋も設置されています。
恐らく、この部分にウィング・オブ・ウィッシュ号が設置されると思われます。

アクアスフィアの工事の跡

この埋め直された部分は電気系統やデコレーションを固定する装置などが用意されていることでしょう。

工事はいつまで!?

現在行われているアクアスフィアやその周辺のリハブはほぼ確実に15周年イベントの準備です。
イベントのスタートは4月15日なので、これらの工事が終了し幕や植え込みが撤去されるのは4月のあたま頃かと思われます。

15周年スタートまでもうすぐ アクアスフィア前のデコレーションも設置へ

2016.04.02

一度縮小されたアクアスフィア周りの工事部分ですが、この部分には15周年イベントスタートまでにウィング・オブ・ウィッシュ号が設置されるため、すぐに工事エリアがこの部分まで拡大されることになりそうです。

4月15日からスタートの東京ディズニーシー15周年”ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”、アクアスフィアに素敵なデコレーションが施されるのが今から楽しみです!!









リハブ中のアクアスフィア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です