パレードルートに出現!!大きなクレーンカメラ

クレーンカメラ

どうにか昨日iPhone6を予約することができたまにあ(@_Disney_mania_)です。

キャリアによっては予約ページが混雑し、なかなか繋がらなかったようですが…僕は簡単にできました(^_^;)
パークからiPhoneを予約したという人は他にいたのでしょうか(笑)

大きな大きなクレーンカメラ

今週月曜からスタートしたディズニー・ハロウィーン、今日は開始後初の土曜日ということで両パークは大混雑。
更にディズニーランドは明日まで仮装期間なので、様々なディズニーキャラクターに仮装したゲストで城前は溢れています!

ハロウィーンイベントに限らず、パークで新しいイベントがスタートした際などはたくさんのメディアで特集が組まれ、ショーやパレードの映像が流れることもしばしば。
そんな映像の中で、これはどうやって撮影されているのか?と疑問に思うシーンがありませんか?
例えばこの映像(動画の途中から始まります。開始からの数秒がそのシーン。)

徐々にカメラの位置が高くなっていますが、一体どのように撮影しているのでしょうか?
その答えがこちら。クレーンカメラパートナーズ像前にあるパケーションパッケージ専用席のさらに前に広く取られた撮影エリアに設置されているクレーンカメラ。
大きく取られた取材エリア正面はシンデレラ城であり、ショーモードの際はミッキーのフロートが停止するため、パレードルートの中ではベストポジションでもあるこの位置にこのような大きなカメラが設置され、撮影されます。
そのため先ほどご覧頂いたような角度からの撮影が可能になるわけです。

ハロウィーンの撮影も

通常このような大規模な撮影はイベントスタートから1週間以内の天気の良い日に実施されます。
そして、昨日ディズニーランドで公演されているハッピーハロウィーンハーベストの撮影が行われました。
この記事に使っているクレーンカメラの写真はすべて昨日のもの。クレーンカメラ長く敷かれたレールの上にクレーンが乗っています。
このようなメカメカしい雰囲気。見ているだけで楽しくなりますよね?ね…(^_^;)?機材たちカメラの後ろにはたくさんの機材が置かれているほか、撮影している映像のモニターをするスペースも用意されています。

次回このような撮影が行われるのは恐らくクリスマスイベントのスタート直後。
興味を持った方はクリスマスイベントスタートの1週間以内をめどに行ってみてください(笑)

[adrotate group=”70″]








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です