7月1日 TDR運営再開に関する情報はコチラ
ディズニーリゾートまにあ

『アクアスフィア』のリハブで“柵”が新設 2重になった“柵”で鉄壁ガード!?

アクアスフィア
リハブ後のアクアスフィア

東京ディズニーシーのシンボル『アクアスフィア』でリハブが実施されました。

リハブ明けに、新しい“柵”が追加されました。

この記事では…
  • アクアスフィアのリハブについて紹介
  • 工事後、新しいが登場
  • 柵が設置された理由とは…?

アクアスフィア リハブ実施

東京ディズニーシー・アクアスフィア
ディズニーシー・アクアスフィア

東京ディズニーシーエントランスにある地球儀『アクアスフィア

ビッグサンダーマウンテン

リハブってなに!?ビッグサンダーマウンテンは12月半ばまで休止中

2月上旬から下旬にかけて約半月『アクアスフィア』ではリハブが実施されました。

全体を囲った大規模な工事

アクアスフィア リハブ
リハブ中の『アクアスフィア』

今回実施された工事は、アクアスフィア全体を囲った比較的大規模なものでした。

もちろん工事期間中はアクアスフィアの水は停止され、ライトアップも休止となりました。

アクアスフィア リハブ
リハブ期間中はライトアップも休止した

アクアスフィアは2016年2月にも大規模なリハブが実施され、地球儀全体の塗り替えが行われました。

17周年 東京ディズニーシー

アクアスフィアの工事は一旦終了 リハブで変わった2つのこと

リハブ中のアクアスフィア
2016年2月には塗替えを含めた大規模リハブが実施された

今回も同様の作業が実施されるかと噂されていました。

しかし、実際は全く異なる部分の工事が行われていました。

塗り替えは無し 柵が新設

アクアスフィア
リハブ後のアクアスフィア

今回の工事では、塗り替えは行われませんでした。

そのため、工事は約2週間ほどで終了しました。

アクアスフィア 柵
今回のリハブでは柵が新設された

今回の工事では、アクアスフィアを囲う柵が新たに登場しました。

アクアスフィアを囲う柵は2重に

アクアスフィア 柵
柵が2重になった

これまでも、アクアスフィアの周りには柵が設置されていました。

今回は、既存の柵の外側にやや背の低いものが作られました。

アクアスフィア
リハブ前の『アクアスフィア』柵が1重であることが分かる

つまり、アクアスフィアの周りの柵は2重になったということです。

アクアスフィア 柵
既存の柵に合わせ波をイメージしたデザイン

これまであった柵と合わせて作られており、波をイメージした流線型のデザインです。

上に乗ることを防止するのが目的か

アクアスフィア
リハブ前の『アクアスフィア』

柵を2重にしたのは上に立ち上がることを防止するのが目的です。

これまで、アクアスフィアを囲う柵部分には腰をかけられるほどのスペースがありました。

アクアスフィアの周りで記念撮影をする際、このスペースに上ってしまうことや、このスペースを使い柵の内側に入ってしまうゲストの姿も見受けられました。

アクアスフィア
柵の新設でのぼることができなくなった

この部分に2つ目の柵を設置し、物理的に上ることができないようにしたというわけです。

blank
まにあ
以前、シンデレラ城前の欄干にも同様の工事が実施されたことがありましたね!

キャストが直接注意したり、禁止の張り紙をすることなく、デザインによって安全を確保するディズニーらしい対応です。